読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

homemade ideaのブログ

Healthy & Beauty in Inside & Out! 手作りコスメのレシピ記録

ヘナで白髪染めをしてみた。

        f:id:kittysalon:20170112230347p:plain

ヘナを使って、白髪染めをしてみた。

 

今までいろいろ作ってきたけれど、なぜかヘアカラーだけは、

美容院でやってもらったり、忙しい時にちょっと生え際の白髪が気になる時は、

市販のヘアカラー製品を使ったりしていたんだよね。

だから実はヘナは初挑戦。

ここ2回ほど、どうも市販の白髪染めを使った後に、気分が悪い。

忙しくて美容院に行けなくて、ちょっと気になるところを染めてみた。

匂いもかなりきつい。

最初はこの匂いのせいだろうかと思っていたのだけれど、ひと月おいて、

また髪を染めてみたら、やっぱり終わってから、少し気分が悪くなる。

このケミカルな成分が身体に染み込んでいくことが、ちょっと怖くなって、

よし次は安全で、植物性のヘアカラーとして使えるヘナだ!と、探してみた。

 

自然の成分ヘナで、ちゃんと髪が染まるのかどうか、

白髪がオレンジっぽくなるって聞いたけれど、ちゃんと希望の色になるのかどうか、

簡単にできるだろうか、とか心配だったけれど、染め方の動画もみて、

よし、と思って試してみた。

 

私は髪色ができる限り黒に近いほうがいいので、ヘナと木藍という、

色が一番濃い、ダークブラウンになるものを選んだ。

 

用意したもの:

【ナイアード】ヘナ+木藍(黒茶系) 100g×2個セット(白髪染め)

毛染めケープ3点セット 

   ヘアキャップ・耳キャップ・ケープがあると服につかなくて、とっても便利。

プラスハート 使い捨てプラスチック手袋 ソフト Mサイズ 100枚入

   使い捨ての手袋は必須。

色が移ってもいいような古いタオル・ヘナを混ぜるボール

クリーム(色が移りにくいように、耳、生え際、首筋に最初に塗っておいた。)

 

 

 

1時間はたっぷり置いておいた。

染めたばかりの時は、やはり市販のものより染まりにくいかなと思ったけれど、

2日めぐらいから少し濃くなったかな、と感じた。

数回使うと色が濃くなっていくらしいので、数日おいて、色の様子をみて、

繰り返してみた。

手間がかかるけれど、植物性のヘナのカラーでいいところは、

そうやって繰り返して使うこともためらわずに行えるかな、って思う。