読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

homemade ideaのブログ

Healthy & Beauty in Inside & Out! 手作りコスメのレシピ記録

サボン・ノワールを使ったハマム風ゴマージュ(あかすり)で、触りたくなるボディーに。

f:id:kittysalon:20170520012835j:plain

 

薄着の季節、二の腕が気になるので、サボン・ノワールで、

優しくゴマージュ(あかすり)をしてみることにした。

サボン・ノワールはオリーブオイルベースの黒石鹸で、フランスでは手に入りやすい、

ペースト状の自然派石鹸。

石鹸といってもサボン・ノワールはあまり泡立たないし、肌に優しくひりひりしない。

ナチュラルで香りも優しいので、とっても使いやすく、気に入っている。

 

 日本ではあまりハマム(イスラム式のスチームサウナ)は見かけないけれど、

ヨーロッパでは地理的なこともあって、比較的よくハマムを見かける。

オリエンタル風のスパといった感じで、庶民的なところから、リュクスなスパ風の

雰囲気のところまでいろいろある。

 

スチームサウナで身体も温まり、毛穴が開き、汗と一緒に肌の老廃物もでるし、

垢すりで古くなった肌の角質も優しく落とすから、ハマムで、ゴマージュをした後は、

肌も軽やかでソフト。柔らかく、すべすべで、肌のトーンが明るく感じる。

よく言われるような「サテンのように輝く肌」になる感じ。

 

ビタミンEが豊富なサボン・ノワールはそんなハマムの必需品で、

ゴマージュの前に、うるおいと栄養を与えつつ、

肌を柔らかくしてくれる効果があるのだとか。

それでハマムではないけれど、家のお風呂で、自然派石鹸サボン・ノワールを

使って、ソフト・ゴマージュをしてみた。

 

ボディ・ゴマージュに必要なもの:

CHARME D'ORIENT サボンノワール

CHARME D'ORIENT 垢すり用ミトン

( ほかにもタデ ケッサグローブ ビーナスの手 柔らかなシルクミトン手袋 など)

 

ゴマージュの後のフルコースケア スパセット:(しなくても、もちろんいい)

クレイパック用:

ミネラルを豊富に含む、モロッコでハマムの後に使うガスールクレイ[ラスールクレイ]

 (ほかにも肌により優しい敏感肌にいい フレンチクレイ・ホワイト や

フレンチクレイ・グリーン でも可)

 

ケア後の肌保湿用:

オーガニック ローズウォーター (クレイパックにも使える)

オーガニック アルガンオイル

 

ケア後の身体の保水・お楽しみ用:

パッカハーブス スリーミント 有機ハーブティー

 

1. ハマムのようなスチームサウナはないので、シャワーかお風呂に入って、

身体を温める。お風呂場が暖かい方がいいと思う。

2. 湿った肌の上に、サボン・ノワールを身体全体に塗り伸ばして、

10分~15分ぐらいそのまま待つ。

(ハマムだとスチームサウナを使いながら、20分ぐらいそのままがいいといわれた。)

私はその間、ヘッドマッサージをしたり、ストレッチをしたりしている。

3. サボンノワールを洗い流して、肌がしっとりと柔らかくなったところで、

ケッサと呼ばれる垢すり用のミトン(あらかじめお湯に浸して、絞ったもの)を、

大きく動かしながら、肌をこすり、肌の老廃物・古くなった角質を落としていく。

たぶん韓国の垢すりよりは、優しい感じだと思う。

4. 最後に洗い流しておしまい。

 基本的にゴマージュの後は、肌の保湿が大事。

そして、お風呂上りに水分もちゃんととる。

アルガンオイルで保湿して、甘くしたミントティーを飲むと、ハマム風。

まあ、なんでもいいのだけれど、ミントティーだとなんか雰囲気がでる(笑)。

 

 ハマムだと、ゴマージュの後にオプションでスパコースなどもあって、

その時は、上のクレイを使って顔(クレイは顔もok)と身体のクレイパックを行って、

その後にやっぱりアルガンオイルでマッサージと保湿。

私はアルガンオイルの前にローズウォーターで保湿して、(ローズウォーターを

クレイパックに混ぜてもいい。)そのあと、アルガンオイルを塗る。

 

 クレイパックの仕方はここ ↓ に。

 

注意点は、

ゴマージュ(あかすり)は週1、2回程度が適当。

ゆっくりリラックスした気分で、週末とかにするといいかも。

 

サボン・ノワールは基本はボディのゴマージュ用なのだけれど、

フランスには洗顔で、顔に使う人もいる。

顔のゴマージュには刺激が強すぎることもあるので、私は使わないけれど、

友人のなかには、オイリーな顔のTゾーンにだけ、サボン・ノワールを伸ばし、

時間は2分だけ、垢すりのミトンは使用しない、という方法でやっている人もいる。

ただ、もし顔に使うとしても、目と口の周りはパックのように絶対避けること。

私の場合、顔には上のクレイパックで十分。

 

サボン・ノワールは、冷暗所保存で。夏場は冷蔵庫に入れてもいいかも。

 

あと、フランスでは食器を洗ったり、家の掃除などに自然派洗剤をして、

サボン・ノワールが使われている。

5Lのぬるま湯に、大さじ2杯のサボン・ノワールを溶かして、タイル等を拭いていく。

その後に水ぶきはいらない。(サボン・ノワールは水には溶けないので、お湯を。)

食器洗いなどには、ゴマージュようじゃなくて、↓でいい。

 

f:id:kittysalon:20170520041224j:plain